【対談】Kan.×日木流奈

私が楽しいと、みんなが楽しい ― 愉快は地球を救う ―

打ち合わせの際、Kan.さんの口から「そういえば日木流奈さんは、いまどうしているでしょうね」という言葉が飛び出した。曰く、日本人の覚者を挙げるとすれば、彼は間違いなくそのひとりであると。いまや成人となった流奈くんとKan.さんが、どのような話を繰り広げるのか?そんな興味から対談を企画したところ、お二人の引き合う力が幸いし、トントン拍子に実現した。

  • あらゆることを楽しみ味わい尽くす
  • みんな同じ だから堂々と生きよう
  • 悲しみながらも幸せでいる それが究極であり至福

Kan.×日木流奈 | 新しい覚醒文化をつくる スターピープル Vol.48
10-14ページ
2014/1

Share on Facebook