僕は最初はワークショップの受講生でした。受講のきっかけも何かに導かれるような不思議な感覚でしたが、はじめてクンルンのポーズを取った瞬間から強烈な体験をし、「出会うべきものに出会った」と強く感じましたね。その後は日を追うごとに自分が変わり、感覚が開き、いろんな能力が段違いについていきました。今もどんどんスピードアップしています。それは不思議ですが、当たり前のように起きた。いつ、どう決意したというのもなく自然にすべてを受け入れていきました。由紀さんと二人で教えるというのも相談とかはなく、あうんの呼吸で初めから決まっていたように自然でした。自分の意志と何ものかの意志が、完璧にひとつになってきたような感覚です…

古来中国から伝わる一子相伝の秘宝 クンルンネイゴン Yuki(鳳崙) & Kan.(天仙) インタビュー | VOICE
2007/05

Share on Facebook