Blog

この時空を深く学び、味わえば 時空の束縛を受けない世界を知ることができる|にんげんクラブ2014年11月号

【インタビュー びっくり現象から学ぶ】

この時空を深く学び、味わえば 時空の束縛を受けない世界を知ることができる

  • 人と人との出会い、これにまさる奇跡はない
  • クンルンは本当のことは何か、自分でそれを知る道
  • 3つのボディ(頭、感情、体)を調和させることで、ハートを知る
  • この世界を極めていくことで、私たちは本質の世界に気づいていく
  • 事情があるに違いないと思うだけで母性は復活できる

この時空を深く学び、味わえば 時空の束縛を受けない世界を知ることができる|にんげんクラブ2014年11月号

2014/11

90eb91893e5d5fdd8aac1c17c430a621.jpg

今、必要なのは アワ(母性)の復活|ザ・フナイ2015.5Vol.92

【特別寄稿】

アワとサヌキ

 日頃、ワークショップやリトリートの合間を縫って、いろんな人と1対1で出会う時間がありますが、そういうときに感じるのは女性の深刻な悩みが多いことです。とくに献身的なエネルギーをもった女性が多く悩まれています。

 人間は大きく分けると、献身的な人のために生きることでエネルギーが湧くタイプと、積極的な自分自身を高めていくことにエネルギーを費やすほうがエネルギーが湧くタイプと二つに分かれます。

 縄文以前の上古代時代にカタカムナ文明というものがあり、そこにはアワとサヌキという言葉がありました。日本の言霊でアワといえばアワでひとつではなく、アとワが組み合わさって宇宙の原理、母性を表します。

 それは献身的ですべてを包みこみ、何かに打って出るというよりはすべてを受けとめていくという性質です。

 文字通り渦のエネルギーです。

 アワにはこうした性質が宿っています。

今、必要なのは アワ(母性)の復活|ザ・フナイ2015.5Vol.92
52-66ページ
2015/5

客観芸術とは、この地球上で、人類に最も必要な領域の表現|覚醒のライフスタイルを提案するスピリチュアル・マガジン スターピープル Vol.54

【特集】客観芸術とは何か―覚醒芸術を求めて―

客観芸術とは、この地球上で、人類に最も必要な領域の表現

いま、ご自身も客観芸術の本を制作中というKan.さんに、客観芸術とは何か、それはどういう成り立ちで、人類にどのような影響をもたらすものかをお聞きした。

  • 建物、彫刻、音楽・・・・・・客観芸術はどの時代にもある
  • 客観芸術に接すれば、一夜にして変容が起こる
  • 文明の利器が伝えられないものとリンクできる仕掛けが
  • 芸術を通して超自然的なものとつながる
  • 客観芸術がもつ「客観比率」

客観芸術とは何か│スターピープル―覚醒のライフスタイルを提案するスピリチュアル・マガジン Vol.54
32-34ページ
2015/2

Max Christensen Presents Kunlun 1,2,3 │エターナルヴァースオフィス

Kunlun 1,2,3
by Max Christensen

初開催:4月2日~6日
追加開催:4月9日~13日
場所:セドナ

予約:ikrprd@gmail.com
Website:http://www.ikrprd.jp/blog-entry-457.html

10600595_754357517943475_7613200423841668088_n.jpg

カタカムナ人は、宇宙の法則性をダイレクトに理解していた|覚醒のライフスタイルを提案するスピリチュアル・マガジン スターピープル Vol.53

【特集1】今、本当に知りたい神代文字

カタカムナ人は、宇宙の法則性をダイレクトに理解していた

上古代文明・カタカムナの存在は、物理学者であり電気技術者だった樽崎皐月氏が、カタカムナ神社の宮司と称される平十字氏に偶然出会ったことから世に知られるようになった。いま、同じく平十字氏からカタカムナ文献を伝授されているKan.さんに、カタカムナ文字に秘められたパワーについて伺った。

  • カタカムナ文献にあるのは宇宙の理
  • カタカムナ人がいたのは次元の異なる上古代
  • 共通の理解からさらに何かが生まれる

今、本当に知りたい神代文字 | 覚醒のライフスタイルを提案するスピリチュアル・マガジン スターピープル Vol.53
30-31ページ
2014/11

盲信から共振へ|ザ・フナイ2014.11Vol.86

【読みきり寄稿】

盲信から共振へ

Kan.さんの独特な風貌は、私たちに知らず知らずインプットされている刷り込みに対するひとつの試金石のような気がします。そしてKan.さんの語る言葉には、普遍的でありながら、意表を突く、独特さがあります。深いまなざし、その存在感の主に、語っていただきました。

 『ネイティブ・ジャパニーズからの伝言』(8月23日 ナチュラルスピリット主催の1dayワークショップ)は、何から何までおもしろく、まさにああいう内容こそ知りたいと思っていました。いにしえのネイティブ・ジャパニーズたちが持っていた感受性がどういうものであったのかという貴重な叡智を思い出させてくださって、ほんとうにありがとうございます。

 とてもやりたかったことが、満を持してできるようになりました。あれを機に、奈良県明日香のリトリートでもその流れを展開し、その叡智を皆さんと共有することができました。
ここから日本がほんとうの意味で再生していくためにも、目をさまして、その感覚をとりもどしていかなければいけないと思います。

盲信から共振へ|ザ・フナイ2014.11Vol.86

2014/11

the_funai_1415070440_1.jpg

本質に目覚めたときから本当の人生が始まる│CD magazine Just 2014 11

「Big Talk」

本質に目覚めたときから本当の人生が始まる

■ 今のままではエネルギーの奪い合いになる

・・・人生には自分の経験など役に立たない場面が必ずやってきます。そのとき、自分のDNAにまったく新しい挑戦をさせ、今までになかったものを生み出せた体験が一つ加わると、企業経営にしろ、予想もつかなかった発展、成長があるのです。ただし、不変的なものなしに変化はありません。不変的なものを自分の中に見つける方法は瞑想でも何でもいい。そうすれば、森羅万象をありのままに捉える余裕ができ、足の引っ張り合いでなく、ともに富んでいくやり方(=世の中のニーズに対する答え)を探り出せるはずです。

■ 3つのキャラクターを使いこなそう

・・・少しずつ、自分がこれまで気づいていなかったキャラクターを使いこなしていくことで、残りの2人が協力してくれるようになる。すると、不思議なことに、その3人ともが自分ではなく、自分はそれらを司っている存在なのだという厳かな意識のシフトが起こってきます。思い込みや、それまで自分で自分を縛っていたものから解放され、自分が何をすればいいのか簡単にわかるようになる。その世界に入れば、さまざまなサポートが受けられるようになります。それが目覚めであり、目覚めてから本当の人生が始まるのです。

本質に目覚めたときから本当の人生が始まる│CD magazine Just 2014 11
2014/11

just_1414667995_1

舩井☆SAKIGAKEフォーラム2014|船井メディア

*こちらは、船井メディアが主催するスペシャルイベントです。

開催日:
11月1日(土)10:00~19:20
11月2日(日)9:10~17:20

会場:
パシフィコ横浜国立大ホール・国立大ホールN101号室

Kan. 講演 11月1日(土)13:30-15:00

“Shamanism Earth & Air Level 2″|Primordial Alchemist LLC

*こちらは、Primordial Alchemist LLCが主催するスペシャルセミナーです。
*Please note this is a special seminar hosted by Primordial Alchemist LLC.

Shamanism Earth & Air Level 2
by Max Christensen

開催日:9月12日、13日、14日、15日
場所:アリゾナ北部

予約:japaneseruo@gmail.com
Website:Primordial Alchemist

Japanese

私が楽しいと、みんなが楽しい ― 愉快は地球を救う ―|新しい覚醒文化をつくる スターピープル Vol.48

【対談】Kan.×日木流奈

私が楽しいと、みんなが楽しい ― 愉快は地球を救う ―

打ち合わせの際、Kan.さんの口から「そういえば日木流奈さんは、いまどうしているでしょうね」という言葉が飛び出した。曰く、日本人の覚者を挙げるとすれば、彼は間違いなくそのひとりであると。いまや成人となった流奈くんとKan.さんが、どのような話を繰り広げるのか?そんな興味から対談を企画したところ、お二人の引き合う力が幸いし、トントン拍子に実現した。

  • あらゆることを楽しみ味わい尽くす
  • みんな同じ だから堂々と生きよう
  • 悲しみながらも幸せでいる それが究極であり至福

Kan.×日木流奈 | 新しい覚醒文化をつくる スターピープル Vol.48
10-14ページ
2014/1

Go to Top